気になる歯の余地。治したいけど肉親が猛反対していて、なかなか見識を得られません

虫歯により、いくつか抜歯をしています。そのせいなのかは不明ですが、毎年、歯と歯の間に残りが出来て、どんどん広がっている。笑った際などに際立つことから、こういう残りの診断をしたいとずっと思っています。
但し、導因があって、いまだ診断が出来ていません。

理由は私の祖先にあります。
祖先も歯と歯の残りが大きかったそうで、むかし、その診断をしたそうです。但しそれがかしこくいかず、歯がガクガクになり、長く「治療しなければ良かった」と言い続けていたそうなのです。それを覚えている奥さんが、こういう診断に猛反対している。
もうおとなやるわけだし、奥さんの抵抗など振り切って治療してしまうことは出来るのですが……診断に関するマイナスばかり並べたてられているうちに少しずつ不安な意気込みも生まれてしまったのです。やっぱり少し恐いような気がしてしまって。

奥さんにも納得してもらい、自分でも恐い意気込みを持たずに治療したいと考えていますが、なかなか踏み切れずにいる。けれども、治したいんですよね。とても悩んでいる。眉毛に対しての男性の意見はこちら

慌ただしい年代に入り重圧がたまってくると、必ず歯に影響しお金が要する。

 独身の時にはなかった歯の苦しみだ。妊娠、分娩と一息ついたところで、調子が悪いなと思って歯医者に行ったら、奥歯が真中で割れていました。分娩の時に、歯を食いしばったのが原因のようです。その歯を抜き、ブリッジとして値十万。のち、歯みがきをきちんとしていた気なのに、育児に追われて歯タイミングブラシの方法が甘かったのか、歯と歯の隙間に虫歯ができ、ブリッジのやり直し。また値十万。近くの歯医者で定期的に歯のケアをしてもらうようになってから、やっと落ち着きました。ただし、子の受験で日々ばたばたしていた1年間、予約していた太陽も置き忘れるほどばたばたしてあり、受験が終わってほっとしたとたん、歯に激痛。慌てて歯医者にかけこんですあたり、歯茎はむくみ、虫歯ができて出血していました。怒りをとって虫歯の診察が終わっても傷みが消えず、しばらく「しみトドメ」を塗ってもらい、歯茎の炎症がおさまったのが数ヶ月後でした。忙しいと負荷が留まり、歯茎に炎症が起きて虫歯ができる転回はわかりましたが、困ります。奥歯もたびたび張るので、マウス太平を作ってもらいました。比べた後で選ぶなら出会系アプリ